不動産投資をはじめるまえに・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンテンツ
 トップページ
 不動産投資の歴史
 株との違い
 用語集1
 用語集2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 不動産投資と株式投資の違い


不動産投資にはさまざまな種類の投資の方法があります。まず、不動産投資とはどういうものか、他の投資との違いを知ることが重要です。
例えば、一般的な現物の不動産に投資する方法では、不動産を(マンションなど)を一棟ごと、もしくは一室を所有し、賃料収入を得ることで収益を上げるものです。 さらにその不動産を売却することができますが、これを売却益といいます。一見、株式投資と同じように思えますが、株式投資との最大の相違点は、投資家がその事業に直接的に関わるか、関わらないかです。
株式投資とは会社に出資という形で投資し、企業の社長などが中心となって事業を展開し、収益を上げ、その収益が配当、もしくは株価の上昇という形で投資家に還元されます。 よって、投資家は直接的にはその事業に関わることはないのです。現物の不動産投資の場合、投資家がオーナーとなって不動産を所有するので、入居者の募集から管理、更新まで、原則として投資家が行うことになります。 当然、その善し悪しによって収益も変化していきます。
管理は一般的には不動産管理会社に任せる事になりますが、不動産管理会社の選定も投資者(オーナー)がすることになります。不動産管理会社にどこまでの部分を任せるかも、投資家の判断です。当然、任せる内容によって手数料が異なってきますし、手数料によって収益性が異なってきます。まずは広島 賃貸などで物件情報を集める事から始めましょう。



  それぞれの場合

 

不動産投資
(マンションの場合)

株式投資
(上場株式の場合)

収入安定度

比較的安定している

業績により変動幅が大きい

事業への関連

投資家は、物件を所有する形になるので直接関わる

投資家は、企業に出資する形になるので間接的に関わる

商品の違い

不動産そのものを所有するので、火災や災害などない限り滅失しない

株券という証書が投資家に渡されるので、紙切れになる可能性がある

投資資金

借入金で投資を行うことは珍しいことではない

借入金で投資を行い事は基本的にはない

コスト
(手数料・税金)

購入時、売却時の手数料及び保有中の税金、管理費、売却時に売却益があれば、原則として税金がかかる

購入時、売却時の手数料および売却時に売却益があれば、原則として税金がかかる


check

結婚指輪(マリッジリング)の口コミで人気ブランドおすすめランキング!

Last update:2018/7/5

 

Copyright c 2008, hazimeteno hudousantoushi. All rights reserved.